プロジェクトの日数の目安 - A4データシート(製品紹介資料)1枚の場合

今回の記事では、データシート(製品紹介資料)を例にとり、翻訳プロジェクトに必要な日数の目安をご説明します。

ご紹介している日数は、実際は翻訳会社のリソース状況などによって大きく変わる可能性があることを、あらかじめご承知おきください。また、1営業日は8時間として考えています。

データシートとは

一般にデータシートとは、ハードウェアやソフトウェアの製造業で使われる、製品の仕様や特徴をまとめたドキュメントです。

概要のみを記載した1~2枚のシンプルなペーパー、詳細な仕様まで解説した数十ページにわたる冊子など、さまざまな形式がありますが、ここでは、ITソフトウェア企業のお客様からよくご相談いただくような、「レターまたはA4サイズの、両面刷りの1枚のpdfファイル」をイメージして進めます。

これらは、展示会で配布したり、営業担当者が製品を紹介したりするために使われます。

datasheet-rack.png

.docxファイルや.inddファイルなどの、.pdfの生成元のファイル(ソースファイル)をお客様から提供していただいているものとします。

内容 製品の仕様や特徴
形式 pdf(.docxや.inddファイルから生成)
大きさ A4
枚数 2枚(両面刷りで1枚)

データシートの翻訳の準備に必要な時間

準備工程では、データシート内に、翻訳支援ツールで認識できない文字を含む画像が含まれているかどうかを確認し、ある場合は文字を抽出します。必要な前処理を行い、ファイルを解析して作業量を確認します。

ここまでの作業は、およそ1時間ほどで完了します。

データシートの翻訳・チェックに必要な時間

上記の例のようなデータシートの標準的なワード数は1,000ワード程度です。こちらの記事でご紹介しているとおり、翻訳者1人が1日に翻訳できるワード数は1,500~2,000ワードほどなので、翻訳・チェックはそれぞれ1営業日で完了します。合計で2営業日になります。

日本の市場に合わせたリライトが必要になる場合もあり、その場合はもう1営業日を考慮します。

データシートのDTPに必要な時間

1枚のデータシート(.docx、.indd)のDTPにかかる時間は、長くて1営業日程度です。

データシートの最終仕上げに必要な時間

お客様による翻訳やレイアウトのチェックに関する指摘の反映は、修正後の確認を含めておおよそ2時間程度あれば完了するでしょう。

まとめ

ここまでをまとめると、レターまたはA4サイズの1枚のデータシートの翻訳プロジェクトに必要な日数は、翻訳会社側では最短で7営業日になります。

順番工程担当所要日数
(単位は営業日)
備考
1 ファイル・資料の確認 翻訳会社 発注時点で完了
2 見積りの作成 翻訳会社
3 見積りの確認 発注者
4 準備作業 翻訳会社 3
5 翻訳・レビュー、確認事項の申し送り 翻訳会社
6 翻訳のチェック・確認事項への回答 発注者
7 修正の反映 翻訳会社 2
8 DTPファイル作成 翻訳会社
9 DTPチェック 発注者
10 修正の反映 翻訳会社 1
11 最終チェック 発注者
12 最終納品物作成 翻訳会社 1
13 検品・検収 発注者

したがって、翻訳会社側で必要となる7営業日に、お客様側の工程(翻訳チェック、レイアウトチェック、最終チェック、検品・検収)の日数を加算したものが、プロジェクトの日数のおおまかな目安になります。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。