品質確保のためのヒント

その翻訳メモリ、大きすぎませんか?TMのメンテナンスの重要性と運用管理のコツ

翻訳メモリはデータ量が多いほどよい...とは限りません。作業効率を落とす危険性さえはらんでいます。このような問題を防ぐためのメンテナンスや運用管理をご紹介します。

継続した関係がもたらすメリット

コスト優先・品質優先で翻訳会社を変えているのに、なかなか満足するレベルが得られないとお悩みではないですか?こんな考え方はいかがでしょう。

社内のいろいろな部署で翻訳すると、こんな「困った」が発生します

社内でバラバラに翻訳していると、どのようなことが起こるのでしょうか。翻訳会社ではどう対応しているのでしょうか。

餅は餅屋に、IT翻訳はIT翻訳会社に

翻訳会社を選ぶ際、「分野」を意識することも必要です。IT分野を例に、特定分野を得意とする翻訳会社に翻訳を依頼するメリットをご紹介します。

翻訳会社への「フィードバック」、していますか?

翻訳の品質を上げるためには、発注者側からのフィードバックも必要です。「こう訳してほしい」「この用語を使用してほしい」など、翻訳会社に要望を伝えるコツをご紹介します。

情報が翻訳の品質をよくする

翻訳の品質を良くするために、発注者ができることがあります。発注者が翻訳会社や翻訳者に提供できる情報には、どんなものがあるのでしょうか。

なぜ受け取った訳文はそのまま使えないのか?手直し不要な翻訳会社を見つける2つのヒント

間違ってはいないけどこの訳文をこのまま使うのはちょっと...。そんな経験はありませんか? 手直しの必要が少ない翻訳を提供できる翻訳会社を見分けるポイントをご紹介します。