サムネイル

翻訳サービスの標準フロー

翻訳サービスのフローというと、どのようなものをイメージされるでしょうか。
おおまかには「原文提供見積り→承認・発注訳文の納品→検収」というシンプルなものになりますが、多くの場合、訳文を一度納品して、発注者が用語や表現を確認し、修正や編集の工程を経て、それから最終ファイルの納品・検収となります。

翻訳サービスの具体的なフロー(編集工程がない場合)

編集(DTP)工程がない場合の翻訳サービスのフローはおおむね次のようになります。

translation-service_standard-process_noDTP.png

  1. 発注者が翻訳会社に見積りを依頼します。利用できる翻訳メモリ(TM)がある場合は翻訳会社に提供します。
  2. 翻訳会社が翻訳対象のファイルを確認し、費用と納期の見積りを提出します。
  3. 発注者が見積りの内容を確認し、問題がなければ承認・発注します。翻訳作業に必要なスタイルガイド、用語集、参考資料などを翻訳会社に提供します。
  4. 翻訳会社が作業を開始します。翻訳・レビューを行い、翻訳済みファイルを作成します。
  5. 翻訳会社が一次チェック用のファイルを発注者に納品します。
  6. 発注者がファイルの内容をチェックし、修正が必要な部分を伝えます。
  7. 翻訳会社が翻訳済みファイルに修正指示を反映し、再納品します。
  8. 発注者が翻訳済みファイルを検品し、最終納品となります(もし問題があった場合は「6」に戻り再度修正を依頼します)。これでプロジェクト完了です。

5 ~ 7 の一次納品・チェック・修正の工程は、コストやスケジュールの都合に応じて合意のうえで省略することもありますが、できれば行いたい工程です。

翻訳サービスの具体的なフロー(編集工程がある場合)

編集(DTP)工程がある場合は、編集をどの段階で行うかによって2つのパターンがあります。

  1. 一次納品では編集は行わず、二次納品時に編集を行う(発注者は一次納品の時点では翻訳の内容のみをチェックする)
  2. 一次納品の際に編集まで行う(発注者は翻訳の内容とレイアウトをチェックする)

次に示すフローは、一次納品では発注者が翻訳の内容だけを確認する場合です。

translation-service_standard-process_withDTP.png

この場合、発注者は一次納品では翻訳の内容を集中的にチェックし、二次納品のときにレイアウト、改行位置、全体のバランスなどをチェックします。二次納品のチェック時に、訳文の内容に変更したいところが見つかった場合は、そのときに修正・変更を加えることもできます。

フローは柔軟に調整可能

ご紹介したフローはあくまでも標準的なものです。発注者のニーズや、コスト・スケジュール等の制約に合わせて、柔軟に変えていくことができます。気になることがあったら、遠慮せずに質問・相談してください。

Copyright © C-brains Corporation.