継続した関係がもたらすメリット

翻訳の必要性が生じるたびに、毎回複数の翻訳会社から見積りを取って、一番早いところ、一番安いところをお探しではないでしょうか。想像してみてください。これを何度も繰り返すことで、お客様の満足度は向上するでしょうか。

少しでも安く、効率的に翻訳を外注したいとお考えの場合、その都度、複数の翻訳会社に問い合わせてみたり、見積りを取って比較したりして、そのとき最善と思われる翻訳会社に依頼するのがベストだと思われるかもしれません。この方法には、メリットももちろんありますが、デメリットもあります。

メリット

  • 一番安い料金を提示してくれる翻訳会社を探すことができる
  • 一番短い納期で対応してくれる翻訳会社を探すことができる
  • さまざまな翻訳会社を知ることができる
  • 1回ごとに完結できるので、良くない翻訳会社に続けて発注しなくていい
  • 毎回見積りを取って選ぶため、担当者同士の馴れ合いが生じにくい

デメリット

  • 翻訳会社を変えるたびに、毎回同じことを説明しなくてはならない
  • 説明書、手順書、資料などを、分かりやすい形できちんと整備しておく必要がある
  • プロジェクト中、問い合わせなどへの対応が多くなる
  • 訳文やDTPの品質が思っていたとおりにならないことがある。また、修正を依頼しても、対応をあてにできない可能性がある

難易度が低く、1回かぎりのもので、できるだけ早く・安くという場合は、複数の会社に見積りを取って、そのとき最も良いと思われる翻訳会社に依頼するのも良いでしょう。しかし、たとえば企業のWebサイトを部分的に更新する場合や専門知識を必要とする場合、または今後バージョンアップの予定がある製品の説明書やUIなどは、特定の翻訳会社に継続的に発注することをおすすめします。複数回取引を行うことで、お互いに情報や知識が蓄積され、回を重ねるごとにお客様は効率的に依頼できるようになり、翻訳会社は翻訳やDTPの品質を向上させることが可能になります。継続して付き合うことで信頼関係ができると、翻訳会社に多少の無理を聞いてもらえるようになるかもしれません。また、短納期化や多少のコスト削減も期待できる可能性があります。

普段の生活でも、少しでも安い商品を求めてたくさんの店舗を回るのは、時間がかかり、少し安く買えたとしても効率的とは言えません。翻訳についても同じです。「翻訳会社ショッピング」を繰り返すよりも、信頼できる翻訳会社を見つけて、いい関係を作ってみませんか?お客様担当者の負担がずっと軽くなり、ほかのことにも時間を使えるようになりますよ。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。