翻訳会社への「フィードバック」、していますか?

継続して依頼するたびに納品される翻訳の質が良くなり、発注者側の翻訳チェックの作業時間も減って担当者が楽になる。そんな理想的な運用の一翼を担うのが翻訳会社へのフィードバックです。
フィードバックとは、その名のとおり受け取った翻訳について「ここはもっとこうしてほしい」「この用語はこうしてほしい」などといった要望を伝えることです。今回の記事では、フィードバックのタイミングと内容、フィードバックのコツをご紹介します。

フィードバックのタイミングと内容

翻訳会社は、翻訳物の納品時に申し送り事項や確認事項を添えるのが一般的です。発注者側の翻訳チェック後に行う修正依頼時にそれらへの回答も返送するとよいでしょう。そのほかにも、用語やレイアウトで気になったことや、企業や製品の雰囲気にふさわしくないと感じる表現があれば遠慮なく伝えましょう。

20160517_40_hira_img_1.png

フィードバックのコツ

1か所の変更だけではなく、翻訳した内容全体にわたって、または今後発注する予定のプロジェクトの文書にも反映してほしい修正については、そのように指定するとよいでしょう。それぞれのフィードバックについて、その修正範囲がプロジェクト全体なのか、対象のファイルのみなのか、それとも1か所だけなのかをはっきり示しておくとよりわかりやすくなります。このことによって、修正ミスや次回のプロジェクトで同じ修正がふたたび発生することを防ぐことができます。

20160517_40_hira_img_2.png

まとめ

フィードバックには次のようなメリットがあります。

  • 進行中のプロジェクトの品質向上
  • 次回以降のプロジェクトの品質の安定、発注者側のレビュー時間の削減

仕上げの修正を発注者側で行う場合は、わざわざフィードバックすることを面倒にお感じになるかもしれません。しかし、このようなフィードバック情報を翻訳会社に提供しておけば、発注者が気づかなかった類似の修正点が見つかったり、次回以降のプロジェクトでの修正や内容に関する翻訳会社からの確認事項が減ったりするでしょう。

翻訳会社へのフィードバックは、「自社の雰囲気にマッチした訳文を作ってもらうためのチューニング作業」といえます。

comment_template.png

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。