翻訳会社のDTPサービス:PowerPointの例

DTP(Desktop Publishing)サービスはほとんどの翻訳会社が提供していますが、翻訳や出版業界以外ではあまりピンとこない言葉かもしれません。翻訳会社のDTPサービスとは、元の言語のファイルのレイアウトを維持しつつ、翻訳した言語の国の人にとってわかりやすいレイアウトに調整する作業が主です。

次のような英文のスライド資料(アプリケーションはMicrosoft PowerPoint)があるとしましょう。

sample-project.jpg翻訳会社では、翻訳支援ツールを使って、原文のファイルを翻訳・レビューしたあとに英文を訳文に置き換えたファイルを出力します。さきほどのスライド資料を翻訳して出力すると、次のようになります。

sample-project(2).jpg原文を訳文で置き換えただけでは読みにくいですね。

最初に目につくのは、タイトルです。製品名を目立たせるために語順を変えたほうがよさそうです。また、文字の大きさやフォント、レイアウトも修正の必要があります。上の2つのスライドは、原文も訳文も同じフォントサイズですが、印象はだいぶ違うことがわかります。

DTP工程を経ると、ファイルは次のようになります。

sample-project(3).jpgここでは次の作業を行いました。
・タイトルの語順の入れ替え
・フォントの変更
・斜体の解除(日本語では一般に斜体は使わない)
・改行位置の調整

また、画像右下のコメントの発言者名の部分にご注目ください。英語では氏名、役職、会社名の順が一般的ですが、日本では会社名、役職、氏名の順が自然なのでそのように編集しています。

sample-project_ja_DTP.jpg日本語のスライドとして自然な雰囲気になりました。これで、日本のお客様にも意図が自然に伝わるでしょう。

まとめ

ここでは、PowerPointの例をご説明しましたが、もちろん、Microsoft WordやAdobe InDesign、Illustrator、FrameMakerなどさまざまな形式のファイルについてもDTPサービスを提供しています。目次や索引の作成、図の組み込みや印刷用の版下原稿の作成など、目的や用途に応じた最適なDTPを提供します。

翻訳会社のDTPサービスについてイメージいただけたでしょうか。多くの翻訳会社が翻訳からDTPまでのワンストップサービスを提供しているので、ぜひご活用ください。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。