翻訳を発注するときに押さえておきたい3つの基本ポイント

インターネットで資料を閲覧したり、セミナーに行ってスライドが映し出されたりしたときに、「えっ英語?(日本語じゃないの?)」と思った経験がある方は多いのではないでしょうか。
自社のマニュアルや発行物の内容は、読者にとって最も読みやすい言語で伝えるのが効果的です。
ここでは、翻訳会社の探しかた、相談する場合に用意する情報といった、翻訳を発注するときに押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。なお、依頼内容が漠然としている場合でも、翻訳会社に相談することをおすすめしています。このようなケースについても記事の後半で触れていますので、ぜひご一読ください。

翻訳を発注するときに押さえておきたい3つの基本ポイント

1. 「分野」と「言語」

翻訳会社を選ぶにあたって最も重要になってくるのが、翻訳対象の分野と、翻訳する言語です。
翻訳会社が取り扱う分野や言語はさまざまで、あらゆる言語、あらゆる分野を取り扱う翻訳会社もあれば、得意な分野に特化した翻訳会社もあります。翻訳会社のWebサイトなどで、対応している分野と取り扱い言語を確認しましょう。相談できそうな翻訳会社が見つかったら、翻訳プロジェクトの情報をもう少し細分化して考えます。

2. 何をどのように翻訳してほしいのか

相談にあたっては、次の情報が分かっているとスムーズに話が進むでしょう。

  • 言語: 原文の言語と翻訳する言語
  • 翻訳したいものの種類: Webページ、パンフレット、マニュアルなど
  • ファイルの形式: html、docxなどのファイル形式、または作成されたアプリケーション名
  • 対象読者や用途: エンドユーザー向けマニュアル、技術者向け資料、意思決定者向けプレゼンテーション資料など
  • 量(ワード数、ページ数、ファイル数など): 原文のワード数や文字数、ファイル数、A4で何ページなど、全体の量を伝えます。確認が難しそうな場合は、ファイルを翻訳会社に渡して確認してもらうこともできます。

3. いつまでに必要なのか

スケジュールの確認は大切です。特に、決まった日に掲載する必要があるプレスリリースや、講演会で使うプレゼンテーション資料などは、その日より前に仕上げることが絶対です。問い合わせや見積り依頼のときに、翻訳したファイルがいつまでに必要なのかを伝えましょう。なお、作業期間に余裕がないと、翻訳の品質に影響をおよぼす可能性もあります。スケジュールに余裕をもって相談することをお勧めします。

まだ依頼内容がはっきりしないときは

では、まだ依頼内容がはっきりしないときはどうすればいいでしょうか。
そんな時でも翻訳会社に相談してみてください。
翻訳会社ではさまざまなプロジェクトに関するノウハウを蓄積しているため、曖昧な相談でも、いくつかの質問に回答するだけで、意外と費用感やスケジュール感がわかるかもしれません。「まだ原文ができあがっていないけれど、翻訳したらどのくらいの期間と費用がかかるのか把握しておきたい」という場合でも、きっと役に立つ情報や提案が得られることと思います。多くの翻訳会社は相談や見積りに無料で対応しているため、一般的なサービスと同様に見積りを取って検討することができます。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。