翻訳会社では翻訳はどのように出来上がるのか

「翻訳」というと、もっともシンプルな例では一人の翻訳者が翻訳して出来上がった文書が納品されるということを想像される方も多いのではないでしょうか。しかし実際には多くの翻訳会社は、品質を高めるために翻訳者が翻訳したあとにもいくつかのしごとをしています。
ここでは、翻訳の着手から完成までの間にシーブレインで行っているしごとの例を紹介します。
注) 翻訳の着手から完成までのフローは翻訳会社や発注者の要件によって異なります。

1. 厳正な審査にパスした翻訳者による翻訳

実際に翻訳を担当するのは翻訳試験にパスした翻訳者です。翻訳を担当できるのは、厳正な審査のもと、品質を確保できると判断された翻訳者だけです。パートナーとして協力していただくフリーランサー、社内で経験を積んだ翻訳者のいずれも一定の基準を満たしていなければなりません。翻訳者の経験や得意分野を考慮して、どの翻訳者が何を翻訳するかを決定します。

2. レビュアによるバイリンガルチェック(翻訳レビュー)とチェックツールの使用

誤訳、訳抜け、誤字脱字のチェック
翻訳者が翻訳した文書は、別の翻訳者(レビュア)が原文と訳文を照らし合わせてレビュー(バイリンガルチェック)し、誤訳、訳抜け、誤字脱字などを修正します。またレビュアは、訳文が対象読者にとって読みやすいかどうかについても全体を通してチェックし、最適な訳に仕上げます。

文章のトーンや用語の統一
翻訳量の多いファイルを複数の翻訳者で分担して作業した場合に問題となるのが、文章のトーン、用語、言い回しの一貫性です。複数のレビュアがレビューを行う場合も、情報を共有することで一貫性を保つようにします。複数の翻訳者が翻訳したことを感じさせない、統一感のある訳文に仕上げます。

各種ツールによるチェック
バイリンガルチェックが終わったら、さまざまなツールを使用して用語の揺れ、表記の誤り、誤字脱字などを再びチェックし、修正します。人間の目では見つけにくいミスも検出することができます。

3. プルーフリード

最後に、完成した日本語訳だけを通して読みます。ここで、日本語として不自然な箇所はないか、わかりやすい表現になっているかという点についてチェックし、修正します。

翻訳会社では、お客様に品質の良い訳文を提供するためのさまざまなしごとを経て成果物を仕上げています。一口に「品質の良い」翻訳といっても、お客様の目的や要件によってさまざまに評価が分かれるところですが、「正確で、読みやすく、一貫性のある」翻訳はこのような手順でできあがっています。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。