翻訳会社ってなんでも翻訳できるの?対応ファイル形式を解説

翻訳・ローカリゼーションは、企業のあらゆる側面で求められます。企業の規模が拡大するにつれて、セールス部門で使用するお客様向けのプレゼンテーション、マーケティング部門の技術資料、マニュアル、Webサイトのソースなど、さまざまなファイルの翻訳が必要になってきます。

翻訳会社で翻訳できるファイルといえばpdfやwordなどのまとまった文書を想像される方も多いかもしれませんが、翻訳会社ではほかの形式のファイルにももちろん対応できます。「バイナリファイルだから...」「翻訳対象の抽出が大変だから...」このような理由で悩んでいる方も、ぜひ一度翻訳会社にご相談ください。

翻訳会社の翻訳サービスが対応しているファイル形式

文書形式の(テキスト)データの翻訳

翻訳会社では一般に、txtはもちろん、xlsx、docx、pptx、html、html5、xml、csv、properties、mif(Adobe FrameMaker)、indd(Adobe InDesign)などのさまざまな形式のテキストデータに対応できます。

docxやmif形式などのレイアウトが重視されるファイルの翻訳が必要な場合、DTPサービスも提供している翻訳会社に依頼すると、整形まで完了したファイルを受け取ることができます。

システムに組み込むデータの翻訳

html、xml、properties形式などの、システムに組み込むデータの翻訳にも対応しています。このようなファイルについては、翻訳が必要な部分のみを抽出して翻訳し、抽出元の原文を訳文で置き換えます。抽出・置き換え作業はツールで行うため、ファイル内の構造を誤って壊してしまうことはありません。翻訳したファイルは受領したファイル形式と同じ形式で納品されます。このため、システムに組み込んで公開しているようなファイルの場合、翻訳会社から受け取ったファイルで既存のファイルを置き換えるだけでローカライズが完了します。お客様のご要望に応じて別の形式で納品することも可能です。

文書形式ではない(バイナリ)データの翻訳

ここまでは、テキストデータとして扱えるファイルの翻訳についてご紹介してきました。それでは、Webサイト内の画像など、文字が画像の一部になっている「バイナリデータ」は翻訳できるのでしょうか?

答えは、もちろん可能です。
文書形式ではないファイルの翻訳にも、蓄積してきたノウハウを活用して柔軟に対応できます。たとえば、前述の「Webサイト内の画像に含まれる文字」の場合、翻訳対象の文字を抽出・翻訳したあと、DTPオペレーターが画像に訳文を組み込みます。これによって、翻訳された画像を作成できます。また、音声ファイルの場合は、一度テキストデータに書き起こしてから翻訳を行います(ナレーションの収録まで請け負っている翻訳会社もあります)。

まとめ

翻訳会社の翻訳サービスは、テキストデータ、システムに組み込むデータ、バイナリデータなど、あらゆる形式のファイルに対応しています。翻訳したいファイルのファイル形式で悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談してみてください。お客様のニーズに合致したもっとも効率的な方法をご提供します。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。