翻訳会社って必要なの?翻訳会社に依頼するメリット、翻訳者に依頼するメリット

皆さんの中には、翻訳が必要になったときにご自身で翻訳者をお探しになったことがある方もいらっしゃると思います。そのときに、翻訳会社に頼むよりも、直接翻訳者に発注したほうが早くて効率的だとお考えになったことはありませんか?

たしかに翻訳者に直接依頼したほうがよい場合もありますが、多くの場合翻訳会社を使うことには様々なメリットがあります。two-options_apple.JPG

翻訳会社に依頼するメリットが大きいケース

次のようなケースの場合は、ご担当者にとって翻訳会社を使うメリットが大きいでしょう。

1. 翻訳が必要になったものの、お付き合いのある翻訳者がいない

いままで翻訳者にしごとを依頼したことがない場合、最初から適切な翻訳者を探すのはなかなか難しいことです。翻訳会社であれば多くの自社の登録翻訳者の中から、内容に応じて適切な翻訳者を選択することができます。

万が一翻訳に問題が発生した場合でも、翻訳会社の内部で、代わりの翻訳者を手配する、レビュー工程で修正するという手段でリカバーできます。

2. 複数の翻訳者で作業を行う必要がある

たとえば、150ページ、40,000ワードの文書を1か月ほどで翻訳したい場合、翻訳者1名では少し難しい量です。このような場合に翻訳会社に依頼すると、2名の翻訳者を手配し、さらに両者の訳文のトーンや表記方法、用語の使い方の違いによって一貫性が損なわれるのを防止するためにレビューを行うというやり方で納期と品質の要件を満たすことができるでしょう。

3. DTPやファイルの後処理など翻訳以外の工程がある

翻訳会社ではDTPやファイルの処理などの後工程のサービスも提供しているため、お客様の要件や内容を踏まえたうえで、ご担当者に手配の手間をおかけすることなく最終成果物まで仕上げることができます。

4. 発注側でのプロジェクト管理やチェックの負荷を減らしたい

翻訳会社では、翻訳作業を行うためのファイル処理、翻訳者の手配、翻訳者の作業に必要なドキュメントの整理や配布、レビュアの手配、DTP/編集、お客様のレビュー後の修正、最終チェックなどの各工程を円滑に進め、お客様の負荷を減らせるサービスを提供しています。

翻訳会社は、翻訳プロジェクトの開始から完了までの各工程で、最も適切な手法を駆使して品質と効率を追求し、お客様にとって最良のサービスを適正な料金で提供できるよう努力しています。

翻訳者に直接依頼するメリットが大きいケース

翻訳者に直接依頼するメリットが大きいと考えられるのは、ここまででご紹介した例にあてはまらない、次のようなケースでしょう。

なお、翻訳者に直接発注する場合、ご担当者が適切な翻訳者を選定したり、訳文の修正を行ったり(翻訳者に修正を依頼したり)、必要に応じてDTPの手配を行ったりすることが前提になります。こうした作業は思いのほか時間がかかるものです。

1. 継続的に発生する比較的少量の文書の翻訳

このような場合は、信頼できる翻訳者を一人(または数人)確保しておけば計画的に作業が行えます。ご担当者と翻訳者の双方にとって、効率よくしごとを処理できるケースといえます。

2. 作業期間を長くとって、じっくり翻訳するコンテンツ

内容や個人の能力によって違いはありますが、翻訳者が1日に処理できる量には限りがあります。日程に余裕がある場合は、信頼できる翻訳者にじっくり翻訳してもらうと品質の安定した成果物が得られるでしょう。

two-options.jpg

まとめ

翻訳プロジェクトの性質によって、翻訳会社に依頼するほうがメリットがある場合も、翻訳者に依頼するほうがメリットがある場合もあります。

プロジェクトの量や納期、ご担当者様の状況に応じて、発注先を検討することをおすすめします。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。