翻訳開始前に共有しておきたい情報とは

「翻訳を発注したら、あとはプロに任せて納品を待つだけ。」

そう思って安心していたら、納品されたファイルを開いてかなりの手直しが必要なことに気づいて言葉を失ったという話を聞いたことがあります。
なぜそうなるのか、その原因の一部については「なぜ受け取った訳文はそのまま使えないのか?手直し不要な翻訳会社を見つける2つのヒント」で解説し、翻訳を発注する前に翻訳会社を見分ける方法について触れています。ぜひお読みください。

この記事では、翻訳会社への発注を決めたあと、納品される翻訳の手直しをできるだけ減らすために、作業開始前に行うことをおすすめする作業についてご説明します。発注者と翻訳会社の双方が協力することが重要です。

翻訳作業の開始前に行うべき準備とは

翻訳会社が実際に翻訳作業を開始する前に次のような準備を行っておくと、発注者が期待する翻訳から大きくかけ離れたものが納品されることを防げるでしょう。

  • 発注者から翻訳会社への情報提供
    1. 製品名、業界用語、頻出用語の指示
    2. サンプル記事の提示
  • 翻訳会社から発注者への確認、提案
    1. 用語や文章のスタイルの確認
    2. 分納スケジュールの提案

それぞれについて詳しくご説明します。

発注者から翻訳会社への情報提供

翻訳対象の製品やその業界について一番詳しいのはやはり、発注者であるお客様です。情報をどれぐらい提供していただけるかによって、お客様がイメージする訳文とのずれは大きく変わってきます。

1. 製品名、業界用語、頻出用語の指示

翻訳会社が翻訳する段階で、意外に手間取るのが製品名や特定の用語の表記です。業界用語や頻出用語を集めたリストや、参考になるWebページなどの資料を翻訳会社に提供するとよいでしょう。まとまった用語リストがない、または資料を作る時間がない場合は、類似のドキュメントや関連資料だけでも役に立ちます。

2. サンプル記事の提示

初めての取引の場合、旧バージョンが存在しない新しい文書を翻訳する場合、また、初めてローカライズに着手する場合などは、どのような文体や表現がより適切かということも翻訳会社の悩みどころの一つです。文章のスタイルや言い回しなど、参考になる資料やURLを提示すると希望により近い翻訳になるでしょう。翻訳者は複数の資料から必要な情報を取捨選択して翻訳に生かすことを日常的に行っていますので、翻訳作業用にまとめられた資料でなくてもそれらを翻訳に上手に活かします。

翻訳会社から発注者への確認、提案

手直しの少ない訳文を納品するためには、もちろん、発注者だけでなく翻訳会社からのはたらきかけも必要です。翻訳会社で行う確認や提案には、次のようなものがあります。

1. 用語や文章のスタイルの確認

翻訳会社は、発注者から提供された資料に基づいて作業を進めますが、作業の初期段階で用語や表現、文章のスタイルについて疑問や確認事項が発生することがあります。翻訳会社ではそれらについて確認を求めたり対処法を提案したりすることがあります。発注後間もない時期の確認や提案について、発注者のアドバイスや提案への合意を早い段階で得られると、よりスムーズに作業を進めることができるようになります。

2. 分納スケジュールの提案

翻訳量が多いプロジェクトの場合は、翻訳会社ではいくつかのファイルや一部の章について、先に翻訳して発注者にチェックしていただく場合があります。そのチェックの結果を踏まえて残りのファイルを翻訳すれば、発注者のイメージと納品される翻訳が大きく食い違うことを防げます。プレゼン資料やWebサイトなどの言い回しに注意が必要なコンテンツや、繰り返しが多い大量の文書などはこのような方法が有効です。

まとめ

手直しの少ない訳文を実現するためには、発注者と翻訳会社の双方が、翻訳の開始前にさまざまな情報を提供・共有しておくことが重要です。翻訳作業を本格的に開始する前に少し手間をかけることによって、納得できる翻訳に近づけることができます。
翻訳会社は、このような準備作業を発注者ごとにまたはプロジェクトごとに行っています。どのような準備をすれば希望どおりの翻訳を受け取れるのかお悩みのときこそ、ぜひ翻訳会社に相談してください。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。