スタイルガイド活用法: 翻訳文の一貫性はその文書への信頼性を左右する~第1回 スタイルガイドとは~

表記や言い回しの一貫性ってそんなに重要なの?

たとえば同じ文書内で、ある章では「サーバ」、別の章では「サーバー」と表記されている場合を思い浮かべてください。これだけでは一見大きな問題ではないように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このような用語をはじめとする表記や言い回しに一貫性がない文書は、文書そのものに対する信頼感を損なう場合があります。ひいては製品や企業のイメージにまで影響するかもしれません。

スタイルガイドという基準書を活用すると、翻訳文書全体の表記や言い回しの一貫性を保ち、より読みやすい、信頼感のある文書にすることができます。

これから数回に分けてスタイルガイドの内容や効果的な利用方法などについてご説明していきたいと思います。すでにスタイルガイドを使用されているという場合は、記載内容や運用方法の見直しにご活用ください。また、現在スタイルガイドを使用されていない場合は、導入を検討するきっかけにしていただければ幸いです。

スタイルガイドとは、文書を作成するうえで表記や文体などの一貫性を保持するためのガイドラインです。学術論文や新聞・雑誌の執筆、プログラミング言語の記述など、翻訳以外の分野でも使用されることがありますが、ここでは特に翻訳業界で使用されるスタイルガイドについて説明します。

今回は、スタイルガイドにあまりなじみがないという方に、スタイルガイドがどのようなものかをイメージしていただければと思います。インターネット上で公開されている翻訳用のスタイルガイドがありますので、2つご紹介いたします。すべて読むのはたいへんですから、ざっと目を通して、どのような内容が記載されているのかを確認してみてください。

日本翻訳連盟様作成のスタイルガイド

Microsoft社のスタイルガイド(日本語を選択してダウンロード)

これ以外にも、翻訳を発注される各クライアント企業で独自にスタイルガイドを用意していることもあります。ボリュームもさまざまで、数ページのものから数十ページ、中には100ページを超えるものまであります。IT翻訳ではスタイルガイドを使用することが多く、シーブレインでも、スタイルガイドを使用していないお客様には、スタイルガイドを有効に活用することをご提案しています。

スタイルガイドを使用することのメリットや活用方法、記載する内容、効果的な運用方法などを今後さらに詳しくご紹介していきます。たかがスタイル、されどスタイル。これによって文書全体に対するイメージがだいぶ違ってきます。一貫性のある文書にすることで、読み手の信頼をつかんでいきましょう。

シーブレインでは、過去に日本翻訳連盟様主催のセミナー*でスタイルガイドの活用方法について講演させていただいたことがあります。そのときに使用した資料をこちらに掲載しておきますので、ご興味のある方はこのサイトの記事と併せて目を通してみてください。

* 一般社団法人 日本翻訳連盟 2015年度JTFスタイルガイドセミナー
2015年4月13日(月)

スタイルガイド活用方法に関する記事の第2回はこちらをご覧ください。
第2回 スタイルガイドを使用するメリット

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。