餅は餅屋に、IT翻訳はIT翻訳会社に

翻訳を依頼したい文書はどのような分野のものでしょうか?

翻訳を発注するときに押さえておきたい3つの基本ポイント」で説明したように、翻訳を外注する際に注意すべき点の一つに「分野」があります。医療、特許、金融、ITなど、取り扱う文書が該当する分野を得意とする翻訳会社を選ぶことが重要です。

シーブレインはIT分野を専門に扱っていますので、ここではIT分野を例に挙げながら、「分野」を意識して翻訳会社を選ぶことのメリットをご説明したいと思います。

専門用語や言葉の使い方に強い

一般に翻訳では、原文の読解力と訳文の表現力に加え、対象分野の専門知識が必要とされます。専門知識がないと、特定分野に固有の用語や概念を誤って解釈してしまう可能性があります。

例えば、IT分野でよく使われる単語にinstallがあります。最近は日本語でも「インストール」という言葉が一般的になってきたので、IT関連の文書で出てきた場合は「インストールする」と訳す場合が多いですが、対象がソフトウェアではなくハードウェアの場合は、「設置する」などとする必要があります。同様にIT分野で頻出のdeployという単語も、対象や状況、または企業によって「デプロイする」「展開する」「導入する」などと訳し分ける必要があります。

同じことはIT以外の分野にも当てはまります。専門知識が不十分だと、例に挙げたような、微妙なさじ加減を必要とする箇所で、それと気付かないうちに不自然な訳文を書いてしまうことがあります。

業界の最新事情に詳しい

IT業界に限らず、現代は移り変わりの速い世の中です。次々と新しい技術やサービスが生まれます。また、数年前は一般的だった技術やサービスがすでに使われていないということも頻繁に起こります。

IT分野の例で言えば、テクノロジーの進化に伴いIoT、FinTech、BYOX、DevOpsなどの新しい概念や言葉が生まれています。それらを適切に訳すためには、業界の最新事情に通じている必要があります。業界のスタンダードとして定着している訳語はあるか、どの程度一般的に普及しているか、企業によって同じ概念を異なる呼び方で表していないか、などを適切に判断できることは、訳文の品質にも大きく影響を与えます。

これもあらゆる分野について言えることです。特定の分野を得意としている翻訳会社や翻訳者は、業界の最新動向を常にリサーチし、勉強しています。ですから、最新のテクノロジーや概念に関する翻訳も安心してまかせることができます。

まとめ

今回はIT分野を例に、特定分野を得意とする翻訳会社に翻訳を依頼することのメリットについて説明しました。

「○○分野に強い」と謳っている会社には必ずその根拠があります。例えば、医療翻訳に強い翻訳会社には医療関連業界の経験者が在籍していたり、特許翻訳に強い翻訳会社には特許事務所の経験者が在籍していたりすることで、経験を活かした高品質な翻訳を提供できます。

各業界には、訳文における固有の表現や、考え方、ルールなどがあります。このような情報を熟知している人間が翻訳に携わることで、より高品質で、より読み手に伝わる翻訳を実現することができます。翻訳会社を選ぶ際は、対象の分野に強い会社を探すことをお勧めします。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。