情報が翻訳の品質をよくする

翻訳の品質を良くするために、発注者ができる工夫にはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、「情報を提供する」という、地味ながらコストもあまりかからない方法をご紹介します。

参考資料、用語集、翻訳メモリ(TM)がある場合

翻訳会社や翻訳者にわたす情報としてまず思い浮かぶのは、参考になる別の文書や用語集でしょう。 このような資料をわたしておくと、文書間での言葉遣いやトーンのばらつきを抑えることができます。

document1.png翻訳メモリがあるなら

以前にも翻訳を発注したことがあるなら、そのときの翻訳メモリを翻訳会社から受け取っているかもしれません。翻訳メモリを提供すると、以前に翻訳した文章が流用されていたり、似たフレーズが使われていたりするときに、品質を安定させたり費用を抑えたりすることができます。翻訳メモリは、文書の種類によっては効果的に利用することができ、翻訳者の側からは、参考資料や用語集のように使うこともできます。

翻訳メモリは手元にないが過去の原文と訳文があるなら

翻訳メモリが手元にないという場合でも、原文と訳文それぞれの文書があれば、そこから翻訳メモリを作成できることがあります。この作業はアライン(align)や整合と呼ばれ、翻訳会社が得意とする業務の1つです。依頼できそうであれば気軽に問い合わせてみてください。

目に見える資料がない場合

目に見えるものが何もない、という場合でも、情報を提供することは可能です。

翻訳したい資料の情報を伝える

「近日開催される展示会に合わせて、製品を紹介する資料を翻訳したい」という場合を考えてみましょう。このときに、いかにも関係がありそうなことから、伝えても役に立つかどうかわからないことまで、積極的に情報を提供することをおすすめします。

  • 展示会の開催日時
  • どのような人にわたされるか
  • どのような人がわたすか
  • 何をする製品か
  • 類似した製品や競合する製品があるか
  • その資料からどのようなアクションが起こることを期待しているか
  • etc...

このような情報があると、翻訳者は、
「○○な人が使うのなら、×より△△と訳した方がいいだろう」
「競合製品の資料ではカタカナ語で使われているから、この分野に詳しい人にはカタカナの方が伝わりやすいのかもしれない」
というように判断材料として活用することができます。

極端なケースでは、同じ用語でも、技術者が読む文書と意思決定者が読む文書とで訳を変えることもあります。少ない情報の中では用語集や翻訳メモリだけを頼りに訳をあてるだけになりがちな翻訳者も、たとえば「一般の人向けに説明するために使用したい」という目的を聞かされていれば、「用語集にはこうあります。しかしこの表現は一般の人向けであればこのように訳したほうがいいでしょう」と申し送りを添えてくれるかもしれません。どのような翻訳を求めているのか、翻訳されたコンテンツを通じて何を達成しようとしているのかを、ぜひ積極的に翻訳会社や翻訳者と共有してみてください。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。