翻訳メモリ作成のおすすめタイミング2選と、そのとき翻訳会社では何が起きているのか

これまで翻訳を単発で発注してきたお客様の場合、お手元に原文のファイルと翻訳したファイルの組み合わせはあっても、翻訳メモリはお持ちではないようなことがあるかと思います。

翻訳メモリとは?」「翻訳メモリのマッチ率とは」などの記事でご紹介したように、翻訳メモリ(TM)は、作業や管理の効率を高めたり、翻訳コストを抑えたりするのに役立ちます。お手元にTMがなく、今後翻訳を流用したいとお考えの場合はTMを作成することをおすすめします。

今回の記事ではTMを作ったことがない方向けに、TMの作成を依頼するタイミングや、翻訳会社でどのようにしてTMを作っているのかをご紹介します。なお、TMの作成作業は、ソフトウェアをお持ちの場合はご自身で行うこともできますが、基本的には翻訳会社に依頼することがおすすめです。この理由についても、後ほどご説明します。

TMを作成するタイミング

TMを作成するタイミングは、既存の翻訳データがあるかどうかによって変わります。

冒頭の例のように、お手元に原文ファイルと訳文ファイルの組み合わせがある場合、新たにプロジェクトを発注するタイミングでそれらのファイルを翻訳会社に渡してTMの作成を依頼し、そのプロジェクトで翻訳データを早速活用することができます。

20161024_37_hira_img_A.pngお手元に既存の翻訳データがない場合、プロジェクトを発注するときにTMを作成するよう依頼しておきましょう。TMは、その次のプロジェクトから活用できます。

20161024_37_hira_img_B.png翻訳会社ではどのようにしてTMを作っているか

次に、翻訳会社では依頼を受けてからどのようにしてTMを作っているのかをご紹介します。

TMを作るにあたっては、原文と訳文がセグメント(翻訳単位)ごとに組み合わせられている必要があります。

お客様からご提供いただいた原文と訳文のファイルを元にTMを作る場合、この組み合わせを手動で作成します。翻訳支援ツールに両ファイルを読み込み、整合機能を使って原文と訳文を1セグメントずつ紐付けていきます。この整合作業は、Align(アライン)作業とも呼ばれます。

はじめから翻訳支援ツールを使用して翻訳した場合は、翻訳の時点で原文と訳文が組み合わせられているので、翻訳とレビューが完了した最終のバイリンガルファイルを読み込むだけでTMが完成します。

翻訳会社に依頼せずにできないの?

翻訳支援ツールをお持ちの場合、もちろんお客様側で同じ作業を行うことは可能です。

ただし整合作業については、翻訳支援ツールのセグメンテーションについての知識が必要になりますし、集中力も時間も必要です。もしミスがあった場合は次回の翻訳時に大きな問題が発生しますので、特別な事情がない限りは翻訳会社に依頼する方が効率は良いでしょう。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。