プレゼン資料の翻訳プロジェクトで費用に影響する3つのポイント

パワーポイントに代表されるプレゼンテーション資料は、新製品や自社の紹介などのさまざまな場面で使われます。営業活動で使用することも多いため、優先的に翻訳される傾向があります。今回の記事では、プレゼンテーション資料の特徴をご紹介し、翻訳プロジェクトの発注にあたって考慮しておきたいポイントを3つご紹介します。

プレゼンテーション資料の特徴

プレゼンテーション資料には、次の3つの特徴があります。

  1. スライドショーに使用するアニメーションが設定されていること
  2. 図や写真、イラストなどの画像が多く含まれること
  3. スライドとスピーカー用の記述(ノート)があること

アニメーションの複雑さ、画像やノートを翻訳するかどうかによってプレゼンテーション資料の翻訳プロジェクトの費用は大きく変わってきます。費用に影響することについてあらかじめ知っておくと、翻訳会社への見積もり依頼もスムーズに行えるでしょう。

それでは、各要素についてご紹介します。

プレゼン資料の翻訳プロジェクトで費用に影響するポイント

1. 複雑なアニメーションかどうか

プレゼンテーション資料の最大の特徴がアニメーションでしょう。元の資料にどのようなアニメーションが設定されているかによって、DTPにかかる時間(費用)は変化します。プレゼンテーション資料のDTP工程では、テキストボックスの細かいレイアウトを調整します(「翻訳会社のDTPサービス:PowerPointの例」)。1枚のスライドに多くのアニメーションが設定されていて、翻訳したオブジェクト(テキストボックスや図など)が複雑に重なっている場合、元の資料と同じアニメーションを表示させるようにするための調整作業が発生し、どうしても工数が増えてしまいます。

2. スライド内の画像を翻訳するかどうか

スライド内に画像として文字が含まれていて、その文字も翻訳したい場合は、文字を抽出して翻訳したあとにDTPで加工することで翻訳済みの画像を作成できます(翻訳会社ってなんでも翻訳できるの?対応ファイル形式を解説※)。1枚1枚に対して手作業でDTPを行うため、画像の枚数に応じて工数が発生してしまいます。
※画像の状態によっては翻訳済みの画像を作成できない場合もあります。

3. ノートを翻訳するかどうか

PowerPoint には、スピーカー用のノートが記入できるようになっており、多くの場合、実際のプレゼンテーションのためのスクリプトや説明が記載されています。この部分について翻訳が必要かどうかは検討したほうがよいところです。スピーカーがプレゼンテーション資料の内容や背景を十分に理解している場合、ノートは翻訳せず、聴衆に見せるスライドを翻訳すれば十分という場合があるからです。もちろん、ノートの部分の説明も含めて配布する場合は翻訳したほうがよいでしょう。

まとめ

パワーポイントの翻訳プロジェクトで考慮したいポイントを3つ紹介しました。

翻訳の発注を検討する際には、まず「1」のアニメーションの複雑さによってDTP作業の工数が変わることを知っておくこと、それから「2」画像の翻訳と「3」ノートの翻訳をどうするかを用途に合わせて検討しておくことをおすすめします。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。