翻訳した英語の文書が更新された!日本語版も更新したいけどどうすればいいの?!

どこが変わったのか特定しなくても、翻訳メモリを活用すれば簡単にファイルを更新できます。翻訳メモリについては以前紹介したこちらの記事をごらんください。

ファイルが更新されたら

「A」という文書を「あ」という文書にすでに翻訳してある状態で、「A」が更新されて「A′」になった場合、「あ′」を効率よく作成するには、どうしたらいいでしょうか。

「A′」のファイルに変更履歴が設定されていれば、ここが変わりました、と翻訳会社に連絡できます。変更履歴がなくても、diff(差分取得)ツールと呼ばれる種類のソフトウェアやサービスを使用して、変更された箇所を明らかにできるかもしれません。

上記の手段がうまくいかない場合や、そんなことをしている暇がないという場合も、「あ」を翻訳したときに翻訳メモリを作成していれば、簡単に対応できます。どうすればいいかというと、何も考えずにただ「A′」と翻訳メモリを翻訳会社に送るだけです。

では、翻訳会社ではどのように対応するのでしょうか。

翻訳会社の対応

「A′」を受け取った翻訳会社は、翻訳支援ツールで、「A′」と、前回作成した翻訳メモリを読み込みます。すると、翻訳支援ツールが「A′」と翻訳メモリの内容を比較して、変更された量がどの程度か、数字で示します。それが絶対的な数字というわけではありませんが、1000ワードの文書で、翻訳が必要なのは 200ワードくらいで、そのうち100ワードくらいは文の一部が変更されただけ、など、この時点でだいたいの作業量がわかります。翻訳会社は、この情報を元に、費用の見積りを算出したり、翻訳のスケジュールを決めたりします。

次に、「A′」と翻訳メモリを受け取った翻訳者がどのように翻訳をするのかを説明します。

翻訳者の作業

前述の例を翻訳者の立場からみると、1000ワードのファイルで、800ワードは100%マッチ(変更なし)、100ワードはファジーマッチ(一部変更)、100ワードは新規翻訳、ということになります。

翻訳支援ツールを開いて作業を進めていくと、100%マッチのところや、ファジーマッチのところには、自動的または半自動的に、翻訳メモリから訳文の候補が入力されます。翻訳者は、その候補を足がかりに、必要に応じて修正して、「あ′」を作成していきます。

こうすることで、作業にかかる時間を節約したり、用語や文章のばらつきを防いだりすることができます。

単純な更新以外の場合にも

たとえば、Webページがリニューアルされて、コンテンツの出現順序が入れ替わっているような場合、diffツールで差分を検出するのは難しくなります。そのような場合でも、翻訳メモリは1文ごとに過去の訳文との類似性を検討するので、似た文をうまくさがしてくることができ、無駄な作業を減らしたり、繰り返しになる作業の手間を省いたりすることができます。

全体的な見た目は大きく異なるけれど、文の中には似たところが残っている場合や、前回はWordで今回はHTMLというようにファイル形式が変わっている場合などは、文書を比較する手間はかけずにそのまま翻訳メモリを活用するといいでしょう。

依頼した時点では気が付いていなくても、翻訳メモリを使用して解析してみると過去に翻訳した文書から流用されていることがわかることもあり、その場合は翻訳料金を抑えることができるかもしれません。

ご紹介したとおり、翻訳メモリは、「ファイル」という概念に縛られることなく、文章の流用や更新で大きな威力を発揮します。翻訳メモリについて詳しいことを知りたくなったら、ぜひ翻訳会社に問い合わせてみてください。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。