納品されたら終わり、ではありません

翻訳を依頼したら納品物を受け取って完了...と思っていませんか?契約内容に応じて納品後にご利用いただけるサービスがあります。

どのようなサービスが料金に含まれていて、どこからが追加で費用がかかるのかは、翻訳会社や契約内容によって異なります。この記事を参考にして、契約前に、どのようなサービスが必要なのかを翻訳会社に伝えましょう。

翻訳会社が提供する「納品後のサービス」にはどのようなものがあるのでしょうか。
この記事では、次の3つについてご紹介します。
-----------------------------------------------------------------
1. 修正のご依頼への対応
2. TMの作成 / 更新
3. 用語集・スタイルガイドの作成 / メンテナンス
-----------------------------------------------------------------

1. 修正依頼

納品された訳文をお客様が確認して、修正したいところがあった場合は、それを翻訳会社に依頼することができます。修正を希望する箇所と、どのように変更するかをまとめて伝えましょう。どのような形式で伝えたらよいか分からない場合は、翻訳会社に質問すると簡単な書き方を示してくれます。訳語の変更、言い回しの訂正、(DTPがある場合は)レイアウトの微調整など、さまざまなことに対応できます。

翻訳済みファイルの受領時に翻訳会社から申し送りが添えられていた場合は、そちらも活用しましょう。申し送りに対するフィードバックの方法については、「翻訳会社への「フィードバック」、していますか?」で詳しく説明しています。あわせてご覧ください。

納品後の修正はお客様で行うことももちろん可能ですが、ご担当者の手間を省き、全体の修正漏れをなくすためにも、翻訳会社に依頼することをお勧めします。

2. TMの作成 / 更新

TMとはTranslation Memory (翻訳メモリ) のことで、原文と訳文が対になったデータベースです。TMの作成と更新は翻訳会社が行い、お客様はそのデータを受け取って保管します。TMを持っていると、次回以降の翻訳依頼時に費用を抑えたり、訳文が出来上がるまでの時間を短くしたりすることができます。IT翻訳の場合、ほとんどの翻訳会社はTMを活用したソリューションを提供しているため、TMを用意しておくと、どの翻訳会社に依頼する場合にも役立ちます。同じ翻訳会社に続けて発注するかどうかがはっきりしない場合も、最終的な訳文を受け取ったあとにTMの作成・更新を依頼することをおすすめします。

3. 用語集・スタイルガイドの作成 / メンテナンス

用語集やスタイルガイドを提供していただいたプロジェクトでは、新しい用語をリストに追加したり、表記規則を改訂したり、新しい規則を加えたりしてメンテナンスすることができます。最新の状態にしておくと、細かい確認のために翻訳会社と何度もやり取りする手間を省くことができます。

用語集やスタイルガイドをお持ちではないお客様は、新規に作成することをおすすめします。よく使われるものや特徴的な用語をまとめておくと、翻訳だけではなく、社内で関連文書を作成するときにも役立ちます。また、自社の製品サイトに用語集ページを作るときにも活用できるでしょう。

このように、TM、用語集、スタイルガイドは、用意しておくと非常に役立ちます。これらの資料をお持ちでしたら、翻訳を依頼するときに、ぜひメンテナンスも依頼しましょう。「情報が翻訳の品質をよくする」もあわせてご覧ください。

以上が納品後にご利用いただける主なサービスです。
冒頭でもお伝えしたとおり、どれが料金に含まれていて、どれが追加料金になるのかは、翻訳会社や契約内容によって異なります。問い合わせや見積り依頼のときに、TMのメンテナンスまで依頼したいとか、用語集の作成を希望など、関心のあるサービスについて翻訳会社に伝えましょう。

ゼロからの翻訳会社選びは不定期更新です。FacebookページTwitterをフォローして最新情報をご確認ください。